運転合宿免許についてお知らせします。

私は、地方でお車の練習をしましたので、正直東京に戻ってからの実際の運転は戸惑ってしまいました。
じつは、田舎の場合は、それ程のお車の数はないからです。
そして、最初、ノークラッチの時代ではなくマニュアル全盛の時代ですので、坂道発進が怖かったかもしれません。
最初にサイドブレーキをひくのですが、そのあと、アクセルを押してからサイドブレーキをはずして発信するのですが、重量があるお車が下がらないで前進した時の感動は、正直今でも忘れられません。
それくらいのインパクトがありました。
教習所で出会会った素敵な女性と、連絡先を交換しましたが固定電話の時代ですし、交換したまでの懐かしい想い出になっています。
あ、そうそう写真はプレゼントしたと思います。
もちろん、集合写真だと思いますが。
この仕組みの特徴は、仲間が増える素敵な環境にあることかもしれません。
短期間ではありますが、同じ目的を共有するってことが案外素敵なことかもしれません。
泣いたり笑ったりする貴重な経験を学ぶことで人間的にも成長できたかなって思う人は少なくないかもしれません。
そして、急ブレーキには、びっくりしました。
この体験もなかなか忘れられません。
車は、本当にすぐには止まらないんだってこと。
予測しない自体にも対応できるようにトレーニングするってことも学ばさせて頂きました。
そして、学科も運転する実地の時間も予約等の事務処理が運転合宿免許の場合は、そのことについては、プラン設定されてるので気が楽でした。