合宿免許で時間の有効活用

夏休みを利用して自動車運転免許を取ろうと思いました。
せっかくの夏休みなので時間は有効的に使いたいものです。
普通に通っていたら夏休みが終わっても卒業できない可能性があります。
しかし自動車は乗れないと不便なので免許は必要です。
さてどうしたものかと悩んでいた時に、合宿免許の存在を知りました。
最短で14日で卒業することが出来るというのです。
合宿といえばどこかに泊まり込むというイメージがあります。
知らない所に1人で行くのは少し勇気がいります。
聞けば友達もそれを利用したいけど、不安だと言うのです。
これはチャンスだと思い私は一緒に申し込みをしました。
1人よりも2人なら心強いものなのです。
着替えと筆記用具などの詰まったかばんを持ちやってきた教習所。
私達は教習所が提携している宿泊施設に泊まります。
そこには年配の夫婦が住み込みで切り盛りしているようで、暖かい笑顔で出迎えてくれました。
食事などは朝昼晩、施設側が用意してくれるので、免許のことだけに集中できます。
朝から晩まで教習所で講義と実技講習を受けます。
夏休み中はかかるであろう内容を詰め込むことになるので、頭は常にフル回転です。
しかし、宿泊施設に帰るとそんな疲れは吹っ飛びます。
そこには暖かい食事と、夫婦の優しい笑顔が待っているのです。
何人もの合宿生達を見てきているので、教習で行き詰まったところは夫婦がアドバイスをくれます。
また他にも合宿生がいるので、彼らと意見を交換することも出来ます。
友達と同室だったので、夜はちょっとした旅行気分でテンションは急上昇です。